投稿者 : terashi 投稿日時: 2020-12-27 (298 ヒット)

現在、選挙人の数はバイデン氏が270人を超え、1月6日(日本時間1月2日)の開票を待つのみとなった。普通ならば勝負ありである。ところが、ジョージア州など6州の激戦州では複雑な状態になっている。選挙そのものが不正に行われたため無効投票となる可能性がある。その場合、少なくとも4つの方法を使いトランプ氏の再選となる。最大関心事は不正の証明が1月6日に間に合うかである。ともかく、反トランプ陣営の壁は厚く、民主党、リベラルよりの共和党議員、連邦最高裁判所判事達、FBI、CIA、CNNを始めとしたテレビ、ラジオ、ニューヨークタイムスを始めとした新聞紙、米国の官僚など反トランプ勢力は圧倒的に多い。
トランプ大統領の流儀はあくまでも憲法に則り、民意を味方にして、粛々と法的措置を取ることにある。1月6日に米国民がワシントンDCに集まり国会を取り巻くように訴えている。上院、下院の国会議員が激戦州での選挙結果を不正と認定し、ペンス副大統領が決断した時、トランプ大統領の再選が決まる。上院、下院の議員、ペンス氏への脅迫、迫害、彼らの身内への脅迫、迫害のため不正を追及する勇気が湧いてこない。是非、多くの米国市民が1月6日にワシントンに集い彼らに勇気を与えてほしい。共和制を取るか、共産主義をとるかの瀬戸際のようだ。
これから、米国内では意味のないテロが頻発するかも知れない。集会をさせないためにである。でも、勇気ある米国人は、集い、不正をただすように圧倒的な数で全米から集まるであろう。
新しいニュースはナッシュビルのミサイル(???)、もしくは爆弾持ち込みによる爆破である。不正選挙の痕跡(ドミニオン社製投票読み取り器)を消すためかも知れないが、テロに見せかけた証拠隠滅である。


投稿者 : terashi 投稿日時: 2020-11-11 (448 ヒット)

日本のマスコミではバイデン勝利と報じています。ところが、米国ではバイデン氏の得票は270に到達していません。したがって、バイデン優勢は確かなのですが、再集計している州もあり、決定している訳ではありません。トランプ氏が再選されても驚かないことが重要だと思います。裏の情報は色々ありますが、それなりの覚悟は必要です。


投稿者 : terashi 投稿日時: 2020-10-26 (915 ヒット)

納品がないため予約終了いたしました。


投稿者 : terashi 投稿日時: 2020-03-11 (1395 ヒット)

寺師医院に行かないで処方箋を発行、入手することができます。
最寄りの調剤薬局のお名前,FAX番号を寺師医院にお電話してください。寺師医院からその薬局に処方箋をFAXいたします。その調剤薬局でお薬がもらえます。再診料、処方箋料は後から請求いたします。


投稿者 : terashi 投稿日時: 2019-05-26 (985 ヒット)

世界的には全く問題ないとされています。消費税も増税する大義もありません。
以下の、財務省のページでわかります。
https://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/rating/p140430.htm
これは、黒田日銀総裁下での世界向けの発信ですが、メディアはスルーしました。
米国よりMMT理論が黒船のように日本に発信され財務省に迫っています。
消費増税は凍結、あるいは減税せよと。
消費税が5%から8%になった後に、社会保障費に使われたのは16%でした。残りの84%は法人税の減税に使われました。
法人税を減税する代わりにトリクルダウンで社員の給与を上げてくれという、政府の懇願でしたが実りませんでした。余剰の金は、社員の給与でなく、株主配当に回った訳です。多くは、外国資本化にわたりました。これで、また、消費税を上げていいはずがありません。

政府の思い切った、将来人材、将来設備投資、必要な公共投資が必用です。
世界の3流国にならないための議論が必用です。この、件は続けますね。


« 1 (2) 3 4 »
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失